CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< カナンの園創立40周年記念式典開催のご案内 | main |
カナンの園創立40周年記念式典 ご報告
0
     

    カナンの園創立40周年記念式典 ご報告

     

    創立40周年記念式典実行委員長  

    カナンの園法人事務局長 佐藤 真名

     

    カナンの園は、1972年の社会福祉法人カナンの園創立から本年度40周年を迎え、去る2月23日(土)岩手教育会館で「カナンの園創立40周年記念式典」を開催しました。

    当日は、今年の冬を象徴するような寒さ厳しい中での開催でしたが、県内外から約450名の参加があり、盛況のうちに終えることが出来ました。
    第一部の式典では、列席者全員で讃美歌を歌い、中条和哉チャプレンによる聖書朗読と感謝の祈祷に続き、及川忠人理事長が式辞を述べました。
    これまでの40年の歩みを神さまのご加護と、全国の多くの方々の祈りとお支えによって今日に至ることが出来たことへの感謝、そして「神さまの愛のもとに、障がいを持つ方々を中心にしながら、全ての人々が分け隔てなく大切にされる社会の実現をめざす」という理念を実現していくという決意を改めて述べました。(及川理事長の式辞は、当法人ホームページ「ごあいさつ」欄に掲載してございます)
     式辞の後、特に多くのお支えをいただいた3名の方々への感謝状の贈呈がありました。地元自治体として、障がいを持つ方々を隣人として迎え入れ、全国に誇れる福祉の町となった今日までのお支えを一戸町長稲葉暉氏へ、嘱託医としてカナンの園の利用者や職員の健康を支え続け、第4代理事長としても重責を担われた故久保木盡詰事長、そしてご家族がカナンの園へ自らが開拓された広大な土地を寄贈され、その後も職員として、退職後はボランティアとして、そして何よりも祈りの人として支え続けてくださっている野澤恵美さんの3名です。
     また、40周年を記念して職員からの募集を行った記念論文「カナンの園へ掛ける私の夢」への優秀賞2名の表彰がありました。
     その後、鈴木俊一外務副大臣・カナンの園後援会長の祝辞(ご本人の参加でした)、岩手県達増卓也知事の祝辞(代読)があり、式典は終了しました。

    第2部は、長崎県の社会福祉法人南高愛隣会の常務理事田島光浩氏の講演会を行いました。1977年の法人設立後、絶えず障がい当事者中心の実践を重ねて来られ、社会の中で弱い立場に置かれている方々を支え続けてきた同法人の歴史や実践、累犯障害者と言われる方々への支援の想いなどを語っていただいた他、ご自身は、精神科医として、重い精神障がいを持つ方々を医療と福祉の連携によって支える仕組み作りなどへの想いを語って頂きました。

     講演会後は、会場ロビーで交流サロンとして、カナンの園各事業所製品やコーヒーなどをご来場の皆さまに提供しながら、交流の時を持ち、豊かな時間を持つことができました。


     当日の参加者は、カナンの園利用者、その家族、役職員やその家族、県内外の支援者、行政関係者や福祉関係者などでした。関東近郊や宮城、青森など東北近県からの出席もありました。

     多くの方々の祈りとお支えを頂くことで、創立40周年を大きな感謝をもって迎えることが出来ました。関わる者たちが代わってゆくのは世の常ですが、絶えず創立の原点を継承しつつ、これからも理念の実現に向けて歩んでいきたいと願っています。

     

    ご出席くださった方々に感謝しつつ御礼とご報告といたします。


    40周年記念式典が盛岡教育会館で行われました。


    県内外から450名の方がつめかけてくださいました


    及川理事長が式辞を述べました。


    特に多くの支えをいただいてきた、一戸町長稲葉輝氏、故久保木盡詰事長、野沢恵美さんの3名に感謝状の贈呈がありました。


    第2部は、長崎県の南高愛隣会の常務理事田島光浩氏の講演会を行いました。








    | - | 13:57 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする